ブログ記事の一覧

2015年

9月

23日

マイナス思考の罠があります。

2015.9/23

突然ですが、あなたはマイナス思考ですか?それともプラス思考ですか?

思考に良いも悪いもありませんが、時としてマイナス思考がパニック障害の完治に大きな影響を与えることがあるんですね。

これはある意味、パニック障害における「罠」ともいえるものです。

そしてそれは、パニック障害の完治を目指せば目指すほど、陥りやすくなるという特徴があるんですね。

マイナス思考とは、例えば、

「パニック障害は治らないのではないか・・・?」
「もう永遠にこのままなのでは・・・」
「パニック障害のせいで何もかもうまくいかない」

というような考えかた、思い込みのことです。

そして、一旦この思考に陥ってしまうと、パニック障害完治に向けての行動が止まってしまうということがあるんですね。

パニック障害は適切な治療を受ける、考えかたを修正する、治していくための行動をし続けることで完治していくのですが、それが止まってしまうというのは完治へのスピードが落ちてしまうことを意味しています。

マイナス思考に陥らせない、行動を止めないひとつの方法として、

“できている自分を認め、褒める”

ということが大切になります。

1歩すすんだらキチンと褒める。自分はできているんだと認める。

2つのうち1つしかできなくても、1つできたことを認めて褒める。自分はできているんだと感じてみる。

その事実を理解することが大切なんですね。

ひとつでも、1歩でも、一個でも、なにかをこなす、できるということはスゴイことです。

マイナスに飲み込まれない、引っ張られない、考え過ぎない。そして、できている事実を理解して、褒めることを始めていきましょう。

 

0 コメント

2015年

3月

16日

カウンセリングは万能の魔法ではありません。

「カウンセリング」というこころの援助手法は、こころの病の方々に対して、
とても高い効果が望めるものです。

薬というのは上辺だけを鎮めたり落ち着かせるのに対し、カウンセリングというのは、
こころの奥底にある問題にフォーカスし、それを見極めて解消させていく
働きがあるんですね。

私三木のカウンセリングを受けて頂き、本当に多くの人がパニック障害の完治・改善を
成し遂げています。

そんな効果が高い「カウンセリング」ではあるのですが、気をつけないとカウンセリングの
効果そのものが無い、感じられないという事態に陥ることがあります。

いったい、なぜそのようなことが起こるのか?それは、

「カウンセリングで治してもらうという他者依存的な考え」

がある場合に起こり得るんですね。

「カウンセリング」というものは対人援助の手法ではあるのですが、内容としては、
カウンセラーとクライアントが一緒に作り上げていく、いわば共同作業になります。

クライアントがカウンセラーにもたれかかったり、おんぶしてもらうことではなく、
自分の足で立ち自分の足ですすんでいくもので、カウンセラーはその横に寄り添い、
進むべき道の案内人のような感じなんですね。

「カウンセリング」というのは最終的に“自律”というものを目指しており、
自分の足でどこまでもすすんでいける力を養うものでもあります。

ですので、あくまで「カウンセリング」というのは、自分の力を信じ、歩いていける
力を信じ、そしてカウンセラーを信じすすんでいくことで、目指すゴールにたどり着く
んですね。

もしあなたが今までカウンセリングを受けてきたにも関わらず、
いまいち効果を実感できないのであれば、

・「治してもらおう」という受け身な態度でカウンセリングを受けていないか?
・自分とカウンセラーとの相性は合っているか?
・「カウンセリングを受けても結局ムダ」と内面で思っていないか?
・いまいち信じ切ることができないカウンセラーではないか?

というようなことをチェックしてみるのが良いでしょう。

カウンセリングの良い受けかたを知っているだけで、
改善へのスピードが変わっていきますよ。


パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック


0 コメント

2015年

3月

07日

「良い人」はパニック障害になりやすい。

突然ですが、あなたは周りから、

「良い人」

と言われたり、そのような目で見られている、
ということはありませんか?

「良い人」を説明する定義などはありませんが、
だいたいは、穏やかで丁寧であり、他者に気を遣い、
相手を優先させる、というような印象がありますね。

あなたがもし、そうような感じの「良い人」
である場合、あなたにパニック障害が発生したのは、
むしろ当然のことかもしれません。


上記で述べた「良い人」というのは、見えない部分で
大きなストレスを抱えていることが多々あるものです。

本心は自分自身のペース、やりかたで進んでいきたい
にも関わらず、周りのペースを優先させたり、
相手のことや、やりかたを優先させたり。

自分自身になかでの希望があるのに、常に相手を
優先させる、気を遣うのは、知らず知らずのうちに
ストレスが溜まってしまうものです。

「良い人」というのは、いきなり「良い人」
だったわけではありません。

その前提となる「良い子」というのを、
小さな頃から演じていた可能性があるんですね。

小さな子どもというのは、活発で天真爛漫であり、
他者に気を遣うことなく自分本位の行動をしますよね。

ですが、そんな行動を抑えるつける「良い子でいなさい!」
というような圧力であったり命令、周りが「良い子」を
求めるような期待があった場合、その期待に応えようと、
「良い子」を演じる可能性があるんですね。

そして、その期待に応えようと迷惑をかけない優等生な
「良い子」でいつづけようとするので、親であったり
周りからの評価は高くなります。

「〇○ちゃんはちゃんとできるからエライわね」
「こんなことできるなんて、エライわ~」
「キチンとできる〇〇ちゃんが一番良い子!」

というような評価をもらえたり喜んでもらえるたび、
もっともっと頑張って「良い子」を演じていこうと
するんですね。

そうなると、「良い子」でない自分には価値がない、
存在意義がない、というような感覚に陥り、いつしか
「良い子」というのを自分のルールにしてしまいます。

もしあなたが上記に該当しているのであれば、
パニック障害の原因は「良い子」でいることを
決めたことにあるかもしれません。

「良い子」のルールを捨てる、そこから抜け出して
いくことで、パニック障害の完治・改善はきっと
見えてくるでしょう。


パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック


0 コメント

2015年

3月

03日

パニック発作はリラックスしていても起こる。

2015.3/3(火)

のんびりと過ごしたり、疲れた身体を癒したり、という

「リラックスタイム」

はこころと身体を活き活きとさせる効果がありますよね。

「リラックスタイム」は人それぞれ思い入れがあったり、
こだわりなどもあるかもしれませんね。

実は、そんなこころからリラックスしているときでさえ、

「パニック発作」

が引き起こされることがあります。

せっかくリラックスをしているときにパニック発作が起きたら、
こころから落ち着いてリラックスできませんよね。

リラックス中にパニック発作が起こる原因や要因については
諸説あるようです。

私がわかっている限りでは、

・身体はリラックスしていても気分や思考がリラックスを感じていない
・リラックス中の食べもの、飲みものに原因がある
・もともとリラックスが苦手

などですね。

例えば、身体はリラックス状態でも、頭の中で色々なことを考えてしまっていたり、
落ち着かない状態のとき、または、カフェインや刺激物であるタバコなどの
摂取、両親がリラックスが苦手だったため、その影響を受けてリラックス自体が
苦手、ということが考えられます。

もし、リラックス中に発作が起こった、起こりそうになったとしても、
焦らず呼吸法を行ったり、まったく違うことを考えたり意識する、
キャンディーや水を飲み意識をそらす、などが有効です。


パニック障害完治へのカウンセリング
← クリック

0 コメント

2015年

3月

01日

TRUST YOURSELF

2015.3/1(日)

私三木がとても気に入っている、ある文章をお届けしますね。
この文章はある意味、パニック障害の完治・改善を促して
いくうえ一つのキーになるものと言えます。

 

=======================

「TRUST YOURSELF」

自分を信頼せよ。

自分の力を信頼する。
自分の力は無限であることを信じる。

そうしたとたん、
あなたの目の前に無限の可能性が広がる。

新しい現実が、次から次へと開かれる。

あなたを成長させるために、すべての出来事が、
1秒違わず、完璧なタイミングで起こっていることが
わかる。

現実は、あなたのこころが作る。

自分を信頼すれば、可能性に満ち溢れる現実を見せる。

自分を信頼しなければ、鏡のように
あなたを裏切る現実を見せる。

現実を変えるのは、あなた自身である。

そして、新しい世界は、
ひとつの小さな行動から始まる。

=======================

私はこの文章を始めて読んだとき、
とても的を得ているな、と強く感じました。

自分を信頼する。

パニック障害を完治させる、改善させていくため、
最後に必要なのは、

“自分自身を信頼する”

というマインドです。

あなたのなかの世界を変えるため、
パニック障害を完治させていくため、
普段の生活のなかで、信じることを意識してみませんか?

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

 

0 コメント

2014年

5月

05日

パニック障害に効果のあるカウンセリング。

2014.4.4(金)

カウンセリングというもの、いわゆる

心理療法と呼ばれるものは、世界に約

200種類くらいあります。

 

少し例をあげますと、

 

・来談者中心療法

・ゲシュタルト療法

・認知療法

・行動療法

・交流分析

・論理療法

・NLP

・森田療法

・認知行動療法

・箱庭療法

・ハコミセラピー

・TA・ゲシュタルト療法

 

などあり、ざっとあげただけでも

これだけあるんですね。

 

各種の療法は、クライアントの状態や

心理面などにより使い分ける必要があります。

 

そして、パニック障害にとても効果のある

心理療法というのもあります。

 

パニック障害の発生にはあらゆる原因が

考えられますので、その時の状況にマッチ

した療法を使うことで、劇的な効果を期待

できるんですね。

 

そして、その効果のある心理療法とは、

 

・来談者中心療法

・TA・ゲシュタルト療法

・認知行動療法

 

という3つになります。

 

この3つの心理療法を適切に使い分ける、

使っていくことで、パニック障害の

根本を明確にして、パニック障害の

完治を促すことになります。

 

私三木は、適切なカウンセリングを受けた

クライアントが何人も完治、克服して

いかれるのを見てきました。

 

あなたもきっと、それを望めば、カウンセリング

の効果によって叶う日がくることでしょう。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント

2014年

3月

18日

その食べものはパニック発作を引き起こす。

2014.3/18

前回のコラムでは、

 

「気分を安定させる食べもの」

 

についてご紹介しましたね。

 

日頃から出来るだけ意識して摂取したほうが

良いものをご紹介しました。

 

今回はその逆で、パニック障害であれば

なおさらあまり摂らないほうが良い

ものをご紹介します。

 

どちらかというと、薬に含まれている

成分が多いですね。

 

そんな、あまり摂らないほうが良いものとは、

 

・カフェイン(コーヒー、緑茶、チョコレートなど)

・エストロゲン(ピルに含まれる)

イソプロテレノール(喘息薬に含まれる)

フェンフルラミン(食欲抑えるサプリ)

ヨヒンビン(EDの改善薬)

 

となっています。

 

上記が全てではありませんが、よくみかける

代表的なものですね。

 

絶対に摂ってはいけない、ということでは

ありません。

 

状態や状況により、摂取することもあるでしょう。

 

これを知っているか、知っていないかで、パニック障害

の完治に向けて大きな差が生まれるかもしれません。

 

あまり神経質にならず、こういうものも

あるんだ、というくらいに認識しておく

のが良いでしょう。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント

2014年

3月

14日

気分を安定させる食べものについて。

2014.3/14

私たちが普段、何気なく口にしている「食べもの」

ですが、中には気分を安定させたり、精神状態を

落ち着かせる働きをするものがあります。

 

パニック発作の解消にも役立ちますので、

出来れば普段から意識して接種したいですね。

 

気分が安定したり、精神状態が落ち着いていると、

それはパニック発作を回避する状態が作れる

ことにつながります。

 

そしてそれは、将来的にパニック障害を

完治させていくために必要なことでも

あるんですね。

 

では、どのような食べものの種類があるか、

成分も合わせて見てみましょう。

 

・豆、たまねぎ、にんにく、ヨーグルト(メチオニン)
・レモングラス(精油)、オレンジ、レモン(シトラール)
・にんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜全般(ベータカロテン)
・豚肉、牛乳、豆類(ビタミンB1)
・ホウレンソウ、バナナ、さつまいも、生野菜(カリウム)
・チョコレート、ココア(GABA)
・海藻、小魚、牛乳、大豆食品(カルシウム)
・ナッツやアーモンド(マグネシウム)
・レバー、鶏のささみ、マグロ、カツオ、たらこ(ビタミンB3)
・うなぎ、(魚介の)カキ、肉類(亜鉛)
・果物全般、生野菜(ビタミンC)
・さんま、マグロ、サバ(DHA)

 

以上、代表的なものをざっと挙げてみました。

 

見渡してみると、身近にあるものばかりですね。

 

気にし過ぎて神経質になってしまうのも

よくありませんが、頭の中でちょっと

気にかけておくのが良いでしょう。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント

2014年

3月

02日

運動の習慣がパニック障害を撃退する。

2014.3/2

あなたは普段、体を動かすことや運動を

されていますか?

 

運動すること、身体を動かすことはストレスの

解消にもなり、心身ともに良い効果を

もたらします。

 

実はパニック障害に効果のある運動というのがあり、

辛くはなく楽に行えるものです。

 

その運動とは、

 

有酸素運動

 

なんですね。

 

「有酸素運動」とは、軽いジョギングや

ウォーキング、軽めの縄跳びなどですね。

 

この「有酸素運動」を続けてみるメリット

としては、

 

・嫌なストレスの解消効果

・心肺機能が強化される

・基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすくなる

・血液の循環が良くなる

・中性脂肪が落ちていく

 

などが挙げられますね。

 

パニック障害には筋力トレーニングなどの

力強いものより、軽めの「有酸素運動」が

なぜ良いのか?

 

それは「乳酸」という疲労物質と関係して

います。

 

乳酸というのは運動や身体を動かしたときに

溜まっていく疲労物質なのですが、パニック障害

が発生する要因の一つとして、この「乳酸」

が関係していると言われています。

 

力強いトレーニングなどは乳酸が溜まるのも

早くパニック障害に良くありませんが、

逆に「有酸素運動」は、その乳酸が溜まる

のを防ぐ効果があると言われているんですね。

 

ですので、日頃から「有酸素運動」を取り入れ、

乳酸が溜まりづらい身体にしていく。

 

それに、適度な肉体的疲労があると、

良い睡眠が取れやすくなります。

 

パニック障害を完治させていくために、

適度な運動習慣を身につけることを

おすすめします。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント

2014年

3月

01日

突然のパニック発作をすぐに抑える方法とは?

2014.3/1

突然パニック発作が起きたとき、すぐに

抑える対処法をあなたは持っていますか?

 

発作が起きると予感があり身構えていても、

いざ発作が起きてしまうと、やはり苦しい

ですよね。

 

そんなパニック発作を比較的すぐに抑えて

しまう対処法があります。

 

その対処法とは一体どういうものか?

 

それは、

 

「考えることに意識を向けてみる」

 

という方法なんですね。

 

例えばですが、

 

・自分の名前や生年月日、住所などを口で言う

・自分の周りで鳴っている音を聞く

・今日は何年の何月何日か?何時何分か?口で言う

・簡単な暗算を解く

・親や兄弟の名前、年齢、趣味など口で言う

 

などがあります。

 

パニック発作が引き起こされると、思考する回路は

恐怖や不安に乗っ取られてしまい正常な考えが

出来にくくなってしまいます。

 

そこで、自分や他人の名前でも、暗算でも良いので、

実践できるものを4つから5つほど小さなメモや

持ち歩く手帳に書いておき、いざパニック発作が

起きたときに実践するという方法なんですね。

 

メモや手帳はもしもの時に見ると考えておき、

日頃からパニック発作が起きたらこれをやる、

というのを実践しシュミレーションしておく

のが良いでしょう。

 

対処法のやり方をまとめますと、

 

1、パニック発作時実践したいものを4~5ほど

 ピックアップする。

2)メモや手帳にそれを書き、意識して覚える

3)頭の中で実践シュミレーションをしてみる

 

という流れになっています。

 

普段の生活の中で、小さなことから意識していくと、

思わぬところで役にたつものですよ。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント

2014年

2月

18日

パニック障害完治の目的を意識する。

2014.2/22

パニック障害を完治させる、解消したいという目標は、

人により様々です。

 

例えばですが、

 

・何の問題もなく急行電車や特急電車に乗りたい

・不安に怯えることなく家でリラックスしたい

・行きたいときに気軽に美容院に行きたい

・友達や家族と気軽に海外旅行に行きたい

 

などが挙げられますね。

 

あなたにも今、何か成し得たい目標はありますか?

 

こういった「目標を設定する」という行為は、

パニック障害の完治を目指すうえで大切なことです。

 

目標を持つというのは、やる気や気力を充実

させたり、パニック障害の完治を諦めてしまう

といったことが少なくなる効果があるんですね。

 

程度や状態により個人差はありますが、パニック障害

という病は必ず完治するものです。

 

ときには二歩進んでも一歩下がってしまう

こともありますし、三歩進んだら、四歩

進んでしまうこともあります。

 

まるで振り子のように行ったり来たりしながら

進退を繰り返していくのですが、

 

「諦めない」

 

という気持ちがあれば、必ず完治まで

進んでいきます。

 

ですが、何かしらの目標が無いと、前に進み続ける

やる気や気力が続かずに、諦めてしまうという

選択をしてしまうことも少なくありません。

 

完治を諦めない、パニック障害に勝利するために、

今何かの目標を持つこと、設定してみることが

良いですね。

 

パニック障害完治へのカウンセリング

0 コメント

2014年

2月

16日

パニック障害と薬の関係。

2014.2/16

カウンセリングをしているときに、

 

「もう薬には頼りたくありません」

「副作用があるので薬は飲みたくない」

「薬そのものに抵抗感がある」

 

ということを耳にします。

 

どちらかというと、肯定的ではなく

否定的な意見ですね。

 

あなたは薬についてどのようなことを

思っていますか?

 

パニック障害を適切に完治させていく過程

として、実は初期の段階では薬の服用は

効果的なんですね。

 

効果については、医師の処方通りに服用しないと

望む結果にはもちろんなりません。

 

パニック障害というものは、とかく

マイナス思考に陥らせる要素があります。

 

「自分はなんて弱いのだろうか・・・」

「こんな病気にも勝てないなんて」

「私はダメな人間だ・・」

 

と、自分自身を否定してしまう、

嫌いになってしまうことも有り得ます。

 

薬というのは、そのマイナス思考の緩和や

突然のパニック発作を抑え込む働きが

ありますので、使いようが大切なんですね。

 

まずはなんとかパニック発作を抑え込む、

マイナス思考のサイクルからとりあえず

抜け出すために、薬の服用が必要なとき

があります。

 

薬でパニック障害が完治する訳では

ありませんが、今現時点での対処法

として、使用していくことも考え方

の一つです。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

 

0 コメント

2014年

2月

15日

パニック障害完治への希望。

2014.2/15

「パニック障害って本当に完治するの・・?」

 

と、あなたはもしかしたら疑問に思っているかもしれませんね。

 

パニック障害と深い関係のある「パニック発作」

というものは突然、もしくは何らかの兆候があり

引き起こされます。

 

そして、それはとても強烈な症状ですよね。

 

「このまま死んでしまうのでは」

「気が変になってしまったら」

「心臓が破裂してしまうのでは」

 

と思ったり感じたことも、一度や二度では

ないかもしれませんね。

 

そんな強烈なパニック発作が度々襲ってきたら、

 

「パニック障害は治らずに一生このままでは・・」

 

と不安に思われ、前向きな希望を持つことも

難しいと感じるかもしれません。

 

それは、今の段階ではいたしかたのないことかもしれません。

 

ですが、パニック障害の完治についてのデータもあり、

私のパニック障害専門カウンセラーとしての経験から、

 

“パニック障害は必ず完治する”

 

こころの病です。

 

そして、その完治を促していく、前に進む

ためのキーになるのが、

 

「完治を目指す自分自身を諦めない」

 

という気持ち(マインド)です。

 

パニック障害の完治に向けてのコツがあります。

それは、

 

■完治を諦めない

■呼吸法などの改善法を毎日の習慣にする

■一人きりで悩まずにカウンセリングを利用する

■パニック障害を理解してくれる味方を作る

■気負いすぎない、焦り過ぎない

 

というものです。

 

あなたは一人ではありません。

 

一緒に「パニック障害の完治に向けて」

進んでいきましょう。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

0 コメント


▲ページトップに戻る

サイト情報

パニック障害専門の相談室

スウィーニー
【住所】

東京都府中市本町2-19-33

カーサ・デラエスペランザ303

(JR府中本町駅から徒歩1分)

カウンセリングルームへの行き方

          → こちら

 

面談カウンセリング → こちら

訪問カウンセリング → こちら

スカイプ・電話相談 → こちら

メール相談 → こちら