2014年

2月

16日

パニック障害と薬の関係。

2014.2/16

カウンセリングをしているときに、

 

「もう薬には頼りたくありません」

「副作用があるので薬は飲みたくない」

「薬そのものに抵抗感がある」

 

ということを耳にします。

 

どちらかというと、肯定的ではなく

否定的な意見ですね。

 

あなたは薬についてどのようなことを

思っていますか?

 

パニック障害を適切に完治させていく過程

として、実は初期の段階では薬の服用は

効果的なんですね。

 

効果については、医師の処方通りに服用しないと

望む結果にはもちろんなりません。

 

パニック障害というものは、とかく

マイナス思考に陥らせる要素があります。

 

「自分はなんて弱いのだろうか・・・」

「こんな病気にも勝てないなんて」

「私はダメな人間だ・・」

 

と、自分自身を否定してしまう、

嫌いになってしまうことも有り得ます。

 

薬というのは、そのマイナス思考の緩和や

突然のパニック発作を抑え込む働きが

ありますので、使いようが大切なんですね。

 

まずはなんとかパニック発作を抑え込む、

マイナス思考のサイクルからとりあえず

抜け出すために、薬の服用が必要なとき

があります。

 

薬でパニック障害が完治する訳では

ありませんが、今現時点での対処法

として、使用していくことも考え方

の一つです。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック

 



▲ページトップに戻る

サイト情報

パニック障害専門の相談室

スウィーニー
【住所】

東京都府中市本町2-19-33

カーサ・デラエスペランザ303

(JR府中本町駅から徒歩1分)

カウンセリングルームへの行き方

          → こちら

 

面談カウンセリング → こちら

訪問カウンセリング → こちら

スカイプ・電話相談 → こちら

メール相談 → こちら