2015年

3月

16日

カウンセリングは万能の魔法ではありません。

「カウンセリング」というこころの援助手法は、こころの病の方々に対して、
とても高い効果が望めるものです。

薬というのは上辺だけを鎮めたり落ち着かせるのに対し、カウンセリングというのは、
こころの奥底にある問題にフォーカスし、それを見極めて解消させていく
働きがあるんですね。

私三木のカウンセリングを受けて頂き、本当に多くの人がパニック障害の完治・改善を
成し遂げています。

そんな効果が高い「カウンセリング」ではあるのですが、気をつけないとカウンセリングの
効果そのものが無い、感じられないという事態に陥ることがあります。

いったい、なぜそのようなことが起こるのか?それは、

「カウンセリングで治してもらうという他者依存的な考え」

がある場合に起こり得るんですね。

「カウンセリング」というものは対人援助の手法ではあるのですが、内容としては、
カウンセラーとクライアントが一緒に作り上げていく、いわば共同作業になります。

クライアントがカウンセラーにもたれかかったり、おんぶしてもらうことではなく、
自分の足で立ち自分の足ですすんでいくもので、カウンセラーはその横に寄り添い、
進むべき道の案内人のような感じなんですね。

「カウンセリング」というのは最終的に“自律”というものを目指しており、
自分の足でどこまでもすすんでいける力を養うものでもあります。

ですので、あくまで「カウンセリング」というのは、自分の力を信じ、歩いていける
力を信じ、そしてカウンセラーを信じすすんでいくことで、目指すゴールにたどり着く
んですね。

もしあなたが今までカウンセリングを受けてきたにも関わらず、
いまいち効果を実感できないのであれば、

・「治してもらおう」という受け身な態度でカウンセリングを受けていないか?
・自分とカウンセラーとの相性は合っているか?
・「カウンセリングを受けても結局ムダ」と内面で思っていないか?
・いまいち信じ切ることができないカウンセラーではないか?

というようなことをチェックしてみるのが良いでしょう。

カウンセリングの良い受けかたを知っているだけで、
改善へのスピードが変わっていきますよ。


パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック




▲ページトップに戻る

サイト情報

パニック障害専門の相談室

スウィーニー
【住所】

東京都府中市本町2-19-33

カーサ・デラエスペランザ303

(JR府中本町駅から徒歩1分)

カウンセリングルームへの行き方

          → こちら

 

面談カウンセリング → こちら

訪問カウンセリング → こちら

スカイプ・電話相談 → こちら

メール相談 → こちら