2014年

3月

18日

その食べものはパニック発作を引き起こす。

2014.3/18

前回のコラムでは、

 

「気分を安定させる食べもの」

 

についてご紹介しましたね。

 

日頃から出来るだけ意識して摂取したほうが

良いものをご紹介しました。

 

今回はその逆で、パニック障害であれば

なおさらあまり摂らないほうが良い

ものをご紹介します。

 

どちらかというと、薬に含まれている

成分が多いですね。

 

そんな、あまり摂らないほうが良いものとは、

 

・カフェイン(コーヒー、緑茶、チョコレートなど)

・エストロゲン(ピルに含まれる)

イソプロテレノール(喘息薬に含まれる)

フェンフルラミン(食欲抑えるサプリ)

ヨヒンビン(EDの改善薬)

 

となっています。

 

上記が全てではありませんが、よくみかける

代表的なものですね。

 

絶対に摂ってはいけない、ということでは

ありません。

 

状態や状況により、摂取することもあるでしょう。

 

これを知っているか、知っていないかで、パニック障害

の完治に向けて大きな差が生まれるかもしれません。

 

あまり神経質にならず、こういうものも

あるんだ、というくらいに認識しておく

のが良いでしょう。

 

パニック障害完治へのカウンセリング ← クリック



▲ページトップに戻る

サイト情報

パニック障害専門の相談室

スウィーニー
【住所】

東京都府中市本町2-19-33

カーサ・デラエスペランザ303

(JR府中本町駅から徒歩1分)

カウンセリングルームへの行き方

          → こちら

 

面談カウンセリング → こちら

訪問カウンセリング → こちら

スカイプ・電話相談 → こちら

メール相談 → こちら